菩提根(原実)とチベットアンデシン(血珠)のブレスレット [CSWD0235]

菩提根(原実)とチベットアンデシン(血珠)のブレスレット [CSWD0235]
菩提根の原実とチベット産のアンデシン(長石の一種・血珠)を組合わせブレスレットに仕上げました。

チベットの御数珠などでも稀に見かける菩提根は身に付け続ける事で、表面がアイボリー色に経年変色していくのが特徴で楽しめます。

血珠(アンデシン)はチベット高原や南米のアンデス山脈を産地とする長石(サンストーン、ムーンストーン、ラブラドライトなどの仲間)の一種で、血行を良くしたり、良い波動を流す次元の高い霊石として人気があります。 チベット本土でもお数珠(Mala)などとして用いられ、人気のある天然石です。こちらは西チベット産の希少なアンデシンでチベット人好みの濃い色合いが特徴です。


おすすめの一点です。

菩提根(原実)長さ・・・・約30mm
アンデシン・・・ 6mm玉・(10mm玉×2個)


ブレスレット内径・・・・約16〜17cm  (ご注文時のサイズ変更は無料にて行います。)