チベット仏教美術品、チベット天珠(ジービーズ)、雲南・貴州ミャオ族刺繍・衣装のChagamo Craft (チャガモクラフト)

翡翠製 古代勾玉 (硬玉)  [CATB0455]

商品詳細

硬玉と思われる翡翠製の古代勾玉です。

店主のコレクションからの出品です。
ロウカンとも呼べるような濃い、翠色が特徴の完品です。

泥土錆と経年の玉石に見られる朱砂(辰砂のようなもの)も見られます。

こちらは、数年前に古墳期の瑪瑙勾玉などと物々交換して譲ってもらったものです。
元の持ち主の方は、奈良県橿原市周辺出土の翡翠勾玉だということで橿原で入手されたと伺いました。

翡翠製の勾玉は瑪瑙などと比べて時代の判別が難しく、古墳期の翡翠勾玉の可能性が高いですが断定はできません。
詳細は画像にてご判断ください。


琉球などでは13〜14世紀頃に勾玉が造られ、ノロ(巫女)が身に着けていますが、 古代から近現代に至るまで(途切れながらも)連綿と造られ身に着けられている勾玉はチベットのジービーズとも共通している佩玉文化だと思います。


エネルギーの強い勾玉です。
ご縁あれば、御守りとしてお勧めです。



勾玉(最長部分)・・・約44mm              伝古墳期・奈良橿原周辺出土              



*古代勾玉の参考資料も随時挙げていきますが、図録と共に博物館などで実物を多く見るのが一番お勧めです。

他の写真