古代縞瑪瑙(チベット)と金沙沈香(タニ沈香・6mm玉)のブレスレット  [CSWD0721]

古代縞瑪瑙(チベット)と金沙沈香(タニ沈香・6mm玉)のブレスレット  [CSWD0721]
インドネシア産、金沙沈香(タニ沈香)とチベットで伝わっていた古代縞瑪瑙(バンデッドアゲート)3点を組み合わせてオリジナルのブレスレットに仕上げました。

アクセントに椰子の数珠玉を差し込んでいます。

小粒の古代縞瑪瑙3点ですが、どれも状態が良く希少です。

沈香は日本ではインドネシア産の沈香をパタニ王国(マレー系)からタニ沈香と呼んで親しまれています。
さわやかな香りで若干の苦みが特徴的です。

沈香木は香道では六国五味の一つ(伽羅)とされ、日本でも非常に珍重されています。
チベット医学や漢方などでも使われています。
効能としては胃腸や肝臓などの器官、腹痛、喘息などに良いとされています。


合わせやすい6mm珠のブレスレットです。

御守りとしても、お勧めの一点ものです。


沈香珠・・・約6mm
縞瑪瑙・・・約17mm、8mm、8mm (3点) 

ブレスレットサイズ(内径)・・・・約16〜17cm