紫金鉢菩提樹とペマラカ(Pema Raka 紅玉瑪瑙)のブレスレット [CATB0986]

紫金鉢菩提樹とペマラカ(Pema Raka 紅玉瑪瑙)のブレスレット [CATB0986]
チベットで古代より伝わり、身に付けられている紅玉瑪瑙・ペマラカ (紅玉髄・南紅とも)です。
希少な紫金鉢菩提樹と組み合わせ、オリジナルのブレスレットに仕上げました。

アクセントに天然のチベットターコイズと菩提根を差し込んでいます。

菩提樹の実は身に付け続けるにつれ、風合いが増してきます。

ペマラカはアムド地方のチベット商人より買い付けたものの一つです。
チベットでは主に御守りとしてペマラカを身に着けます。 紐を通したり、ジービーズ(チベット天珠)などと組合わせネックレスやブレスレットとして身に着けています。 


お勧めの一点ものブレスレットです。


ペマラカ・・・・約18×11mm                チベット (アムド地方) 
菩提樹(直径) ・・・約10×5mm 

ブレスレットサイズ(内径)  約16・5〜17・5cm