羊眼天珠(ルクミグ)の銀製リング (東チベット) [CTBT1102]

羊眼天珠(ルクミグ)の銀製リング (東チベット) [CTBT1102]
カムパ(東チベット・チャムド)の女性から譲ってもらったルクミグ(ルックミ)の銀製のリングです。

こちらのルグミグ(ルックミとも)は古いものではありませんが、力強く美しい一点ものです。

羊眼天珠はチベット語でルグミグ(羊の眼)と呼ばれ、メソポタミヤのアイビーズが起源で、その後インダス文明(現パキスタン)で造られたのがチベットにも交易品として渡ってきます。

地元のカムパは指に嵌める以外、髪の毛や付け毛に編み込んだりなどして装飾します。

サイズフリーのお勧めの銀製リングです。

ルクミグ(直径)・・・約16mm                      チベット・カム地方 チャムド
リングサイズ    フリー(約15号)