カパラの念珠ブレスレット (チベタンKapala Mala ) アンティーク [CTBT1013]

カパラの念珠ブレスレット (チベタンKapala Mala ) アンティーク [CTBT1013]
カパラ(カパーラ)の念珠ブレスレットです。
年代物の古い数珠玉です。

東チベット・アバの商人から譲ってもらったものの一つです。
略式念珠としても腕輪念珠ブレスレットの御守りとしてもお勧めです。
主玉は38珠あります。

カパラはチベット密教徒(特にニンマ派やサキャ派)にとって、最高の御数珠とされます。
カパラの御数珠は主に僧侶の頭蓋骨や手指から造られます。
骨を用いた法具の多い、チベット密教ですが、それには鳥葬文化とも関連しているのでは無いかと思われます。 
チベット文化圏でも限られた地域でしか鳥葬(トゥトル、チャトル)は行われておられませんがの東チベット圏などでは現在でも伝統的な鳥葬が行われています。

カパーラMALAは神秘的なチベット密教法具の一つです。

非常に入手困難な一点です。


カパーラ数珠玉・・・・約8×5mm (サイズは多少のばらつきがございます)
主玉38珠                      
                           チベット アバ

周囲(内径)・・・・約20cm (サイズ調整可能)