碧玉製勾玉 古墳時代 [CATB0571]

碧玉製の古代勾玉です。

こちらは古墳時代に造られたと思われる出土品です。
店主のコレクションからの出品です。

透過性もあり、瑪瑙にも似た玉石です。

形状から、近畿もしくは九州地方で造られた可能性が高いです。

古代勾玉は縄文時代より古墳時代まで、避邪(魔除け)として身に着けられていた日本古来の御守りです。
チベットのジービーズとも共通している佩玉文化だと思います。


希少な一点です。


勾玉(最長部分)・・・約24mm    古墳時代 

                      
*古代勾玉の参考資料も随時挙げていきますが、図録と共に博物館などで実物を多く見るのが一番お勧めです。