Pema Raka 藍紅瑪瑙 (ペマラカ・南紅) [CTBT1111]

Pema Raka 藍紅瑪瑙 (ペマラカ・南紅) [CTBT1111]
チベットで古代より伝わり、身に付けられているペマラカ(藍紅瑪瑙・カーネリアン)です。

現地のチベット人たちはシンプルに紐を通したり、ジービーズ(チベット天珠)などと組合わせネックレスにして身に付けています。 またペマラカのみを連にしてブレスレットにしている人もよく見かけます。

こちらは東チベット、カムの奥地ベユルのチベット商人より買い付けた中の一点です。

時代による、風化とろみが特徴的な丸玉です。

お勧めです。


                     チベット(カム) 18-19世紀頃

サイズ  約16mm