碧玉製勾玉  [CATB0594]

碧玉製の勾玉です。

店主のコレクションからの出品です。
古墳出土だという事で入手したものですが、後世の出土品の可能性もあります。

鉱物鑑別には出していませんが、碧玉と思われます。

琉球などでは13〜14世紀頃に勾玉が造られ、ノロ(巫女)が身に着けていますが、 古代から近現代に至るまで(途切れながらも)連綿と造られ身に着けられている勾玉はチベットのジービーズとも共通している佩玉文化だと思います。



勾玉(最長部分)・・・約38mm    年代不詳 (但し伝古墳出土)                   


*古代勾玉の参考資料も随時挙げていきますが、図録と共に博物館などで実物を多く見るのが一番お勧めです。