古代ジービーズ(ancient dzi ) 老双天地多眼天珠・オリジナル・シャンシュン王朝期 [CTBP1718]

古代ジービーズ(ancient dzi ) 老双天地多眼天珠・オリジナル・シャンシュン王朝期 [CTBP1718]
連綿と受け継がれるジーの中でもオリジナルと呼ばれる年代の古代ジー(ancient dzi beads)です。

希少な異形(双天地多眼)の老天珠です。
その中でもチベット黎明期にあたるシャンシュン王朝期頃のジーです。

チベット・シャンシュン王朝の中心エリアである、現在の西チベットの西端ギルギット地方で見つかったものです。

当時、ギルギット地方を経由しインダス文明とも交流のあったチベットですが、こちらの特殊なジーもその背景で産まれています。

二重のサコ(sakor・大地)に動物の親子(牛のような)が見受けられます。
メソポタミアのアイビーズ(魔除けの目)とインダスの象形図が混ざり、チベットのサコナゴ (天地)が図案化される源流の様なジーです。

長い年月ヒマラヤの中で眠っていたジーです。

とても希少な一点物です。


dzi 長さ  約37mm      西チベット圏    紀元前後(2000〜3000年前)