カパラの御数珠 (tibetan old kapala mala ) 110玉  [CTBT1283]

カパラの御数珠 (tibetan old kapala mala ) 110玉  [CTBT1283]
年代物のカパラ(カパーラ)の御数珠です。
チベット・アバの知人から譲ってもらったものです。

主玉は110玉あります。
時にカパーラ念珠は109珠や110珠のものも見かけます。


カパラはチベット密教徒(特にニンマ派やサキャ派)にとって、最高の御数珠とされます。
カパラの御数珠は主に僧侶の頭蓋骨や手指から造られます。
骨を用いた法具の多い、チベット密教ですが、それには鳥葬文化とも関連しているのでは無いかと思われます。 

径が小さいので、連ブレスレットとしてもお勧めです。

カパーラMALAは神秘的なチベット密教法具の一つです。


カパーラ数珠玉・・・約7×5mm (多少ばらつきあります)  主玉110玉 
サイズ周囲・・・・約45cm
                                         チベット・アバ