貴州 黄平県重安江式苗族(革家ガージア)藍染 古布(間仕切り) [CC0283]

貴州 黄平県重安江式苗族(革家ガージア)藍染 古布(間仕切り) [CC0283]

重み: 3

貴州省黄平県の革家(ge jia)ミャオ族(ガージア人)の綿・泥藍染め・ろうけつ染めの古布です。
屋内の間仕切り(タペストリー的な)として使われるものです。

革家(正確には人偏に革)は藍染とろうけつ染めの技術が高く、黄平県の重安江周辺に暮らしています。 
綿の栽培から、泥藍染め、そして細やかな、ろうけつ染めの技術を有する人々です。

ミャオ族と分類されている人たちは、いくつかの異なるルーツがありますが、ガージア人もまた特異なミャオ族の一派です。
  
絶対数が少なく入手困難な一点ものです。

2m50cm程ありますので、帯やストール、テーブルランナーとしてもおすすめです。               


                         貴州省黄平県重安江ミャオ族(ガージア人)  1980年代頃

綿、泥藍染め、ろうけつ染め

サイズ 縦×横・・・約250cm×38cm