チベットのお守り(Thogchags)  アムド出土 青銅製 アンティーク [TGCH103]

チベットのお守り(Thogchags)  アムド出土 青銅製 アンティーク [TGCH103]

販売価格: 9,000円(税込)

数量:
東北チベット、アムド地方(現、甘粛省)で出土した、チベットの青銅製トクチャです。

詳しい用途は分かりませんが、扉などの住居、もしくは馬具なども含めた装飾用のものだと思います。

シルクロードの東端にあたるアムド地方は吐蕃の時代よりチベット系、モンゴル系、ツングース系、イスラム、漢族など民族のるつぼの地域ですが、たびたびこのような青銅品が大量に出土しています。

その後、トクチャ(御守り)としてチベットのカムパに渡ったものです。

トクチャ(Thogchags)・・・雷神が天よりもたらしたとされるチベットのお守り(真鍮製)です。チベットに仏教が伝わった7世紀以降、現代に渡るまで密教の神仏・法具などをモチーフにしたものが連綿と造られている歴史ある御守りです。 7世紀以前のボン教時代の物も存在しています。

アイヌのシトキのような使い方(首飾りのトップ)などとして身に着けるのも良いかと思います。

                        
                       年代不詳 中世 アムド地方  
青銅製  直径・・・約76mm
      重さ・・・約80g

他の写真

  • 参考画像

    アムド地方はモンゴル(元)の影響も強く受けている。
    遺跡跡など多い。