軟玉翡翠勾玉 古墳時代 [CATB0577]

軟玉翡翠製の古代勾玉です。

こちらは古墳時代に造られた出土品です。
店主のコレクションからの出品です。

もとは滑石勾玉という事で入手しました。
肉眼では分かりづらいですが、土さびなどを少し落とし、スコープなどで見ると、
軟玉系の翡翠だというのが見てわかります。

糸魚川周辺でも、硬玉同様この様な濃い色合いの軟玉は流通していました。

鉱物鑑別には出していませんが、軟玉翡翠だと思います。
詳細は画像にてご判断ください。


古代勾玉は縄文時代より古墳時代まで、避邪(魔除け)として身に着けられていた日本古来の御守りです。
チベットのジービーズとも共通している佩玉文化だと思います。

しばらく身に着けていると、土さびなどが落ち、さらにはっきりとした翡翠色が出てくると思います。
お勧めの一点です。


勾玉(最長部分)・・・約17mm    古墳時代 

                      
*古代勾玉の参考資料も随時挙げていきますが、図録と共に博物館などで実物を多く見るのが一番お勧めです。